テナントテラス > 株式会社トラストレイトのスタッフブログ記事一覧 > 空き家を事業用にコンバージョン!そのメリットとは?

空き家を事業用にコンバージョン!そのメリットとは?

≪ 前へ|空き家を有効活用するアイデアはこれ!大津市が行っている補助金制度も利用しよう   記事一覧   大津市が行っている中小企業のための融資制度とは?要件と申し込み方法|次へ ≫

空き家を事業用にコンバージョン!そのメリットとは?

カテゴリ:オーナー様へ

つかわなくなってしまった空き家は活用が難しいですよね。

 

そんな空き家の活用におすすめなのが、コンバージョンです。

 

コンバージョンがどのようなものなのか、知らない方も多いのではないでしょうか。

 

今回は、この空き家のコンバージョンについてご紹介していきます。

 

現在空き家の活用方法に悩んでいる方は、ぜひ最後までご覧ください。

 

空き家をコンバージョンするメリットとは?そもそものコンバージョンの意味

 

空き家をコンバージョンすると聞いてピンとこない人も多いでしょう。

 

似たような言葉にリノベーションがあるのですが、これもコンバージョンとどう違うの?と疑問を持つ方も多いはず。

 

ここでは、コンバージョンの意味とリノベーションとの違いについてご紹介します。

 

<コンバージョンとリノベーションの違い>


コンバージョンは事業用の物件を居住用に改修するなど、物件の使用用途を変更するための方法です。

 

居住用の物件を事業用に、倉庫を賃貸住宅にといった改修はコンバージョンに当たります。

 

たいして、リノベーションは物件の使用用途を変更することなく大幅な改修を行う方法。

 

居住用の物件の間取りやデザインを変更したり、バリアフリー設備を設置したりすることがリノベーションに当たります。

 

コンバージョンとリノベーション、どちらも共通して資産価値を高めるために改修を行うのが特徴です。

 

空き家をテナントにコンバージョンするメリットは?

 

物件の使用用途を変更するコンバージョンですが、空き家をテナントに改修する場合のメリットとは何でしょうか。

 

空き家をテナントにコンバージョンする場合のメリットについてご紹介します。

 

<コンバージョンのメリット>


つかわなくなってしまった空き家をテナントにコンバージョンする場合のメリットはいくつか挙げられます。

 

まずは低コストであること。

 

元々ある建物を利用して改修を行うため、1から建て替えるのと比べてみても費用が大きくかからないことはもちろんのこと、工期面にも短縮できるメリットが挙げられます。

 

居住用の空き家を事業用にコンバージョンする場合、この点は大きなメリットになるのではないでしょうか。

 

1から事業用の物件を建てるとなるとそれなりの時間とお金がかかりますが、もともとある空き家をコンバージョンすることで大幅に時間と費用を削減することが可能です。

 

まとめ

 

空き家をコンバージョンすることのメリットや意味についてご紹介しました。

 

物件の使用用途を変更するコンバージョンは事業用の物件が欲しい方にも向いています。

 

事業用物件新築を悩んでいる方は、空き家をコンバージョンして利用する方法もおすすめですよ。


滋賀県大津市・草津市や近隣のエリアでテナント物件の経営についてお悩みのオーナー様は、私たちテナントテラスまでぜひご相談ください

≪ 前へ|空き家を有効活用するアイデアはこれ!大津市が行っている補助金制度も利用しよう   記事一覧   大津市が行っている中小企業のための融資制度とは?要件と申し込み方法|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 掲載物件数・・・
    • 沿線から探す
    • 住所から探す
  • 物件リクエスト
  • お問い合わせ
  • 独立開業マニュアル
  • 居抜き店舗の活用
  • テナントを貸したい
  • 地域情報
  • オープンして頂いたお店をご紹介
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社トラストレイト
    • 〒525-0032
    • 滋賀県草津市大路3丁目1-33-2F
    • 0120-021-092
    • TEL/077-565-0021
    • FAX/077-565-0041
    • 滋賀県知事 (1) 第3611号
  • QRコード

トップへ戻る

来店予約